HO CHI MINH TRIP 2019 [FOOD]

シンガポール在住ベトナムフリークがおすすめする最新ベトナム情報2019(ローカルフード編)


おいしい!ヘルシー!!で女性に大人気のベトナム料理。かつてはベトナム料理といえば「フォー」というイメージが強かったし、フォーをきっかけにベトナム料理が好きになったり、ベトナムを好きになる人も多いのではないでしょうか。でも実際のところ旅行に来てみると、「え!なんで今までフォーしか食べてこなかったんだろうか、人生損してた」レベルの、フォーをも凌ぐ激ウマ料理がたくさんあることに気づく人も多いはず。まさに私もそのうちの一人で、旅の目当てはもはやフォーではなく、Bánh cuốn (バインクオン)だったりするわけです。そんな、ちょっとマニアックなんだけど日本人がハマるだろうという、ベトナムのローカルフードをご紹介します。昨年のホーチミン記事は下記からどうぞ♡

まとめ編:
カフェ編:
買い物編:
ローカルフード編:

‖もちもち米粉系の料理を制覇せよ

ベトナム料理がヘルシーと言われている理由を推測するに、まず、小麦を使った麺類よりも米粉やタピオカ粉を使った麺料理が多いから。米粉を水で溶いて蒸したものや、麺にしたもの、タピオカ粉を麺にしたものなど、グルテンフリーを心がけている人にはありがたい食のラインナップが揃っているというわけ。それに加えて、ハーブ類を多く使っていたり野菜がたっぷり使われていたりと「きちんと食べているのに、身体がすっきりしていく」、そんな胃の感覚が心地よかったりします。

|Bánh cuốn (バイン・クオン)

DSC_0004
ホーチミンに来たら、まずここに駆け込む。それが私のホーチミン旅行のルーティーンです。昨年の記事でも紹介したお店に1度の滞在で何回も通い、そして同じメニューを無言で食べ続けます。あまりにもしつこく何度も通うもんだから、お店のおじちゃんもその店の周辺でいつもうろうろしてる半裸のおじちゃんも私たちのことを覚えていて、姿が見えるといつも手を振ってくれるほどまでになりました。ローカルフードの醍醐味ってそこかなと、おじちゃんとおばちゃんが目の前でご飯を作ってくれるたびに思います。

さて。Bánh cuốn (バインクオン)というのは米粉を水で溶き、木綿の布の上にクレープのように広げて蒸したプルプルの生地を使った料理。コロッケのタネのじゃがいもなし(玉ねぎ、豚ミンチ、しいたけなど)を塩胡椒で味付けし、生地の上に広げてくるっと巻く。その上に玉ねぎチップスを乗せ、かき揚げや、練り物、ハーブなどの野菜を添えたものなのですが、あっさりした生地と添えられた揚げ物、野菜類がちょうどいいバランスにアップデートしてくれます。さらに、ヌクマム(つけダレ)が甘辛でいい仕事をするんです。朝の時間帯にバイクでテイクアウトしにローカルもたくさんいるので、ローカルの人たちからも朝ごはんの定番として親しまれているに違いありません。

場所:

Bánh cuốn nóng

575/14 Nguyễn Đình Chiểu, Phường 2, Quận 3

 

Bun Rieu Cua(ブンジウ・クワ)

DSC_0573蟹ベースの出汁にトマトのあっさりとした酸味を効かせたブンジウクワ。見た目はこってりとしていそうですが、スープを飲んでみると想像と真逆。あっさりかつ、蟹の旨味が濃厚なんです。麺は、そうめんよりも太く、ちゃんぽん麺より細めのサイズで弾力はなし。ちゅるんと食べられるあっさり系の麺です。蟹の身のような、蟹味噌を固めたような、ふわふわの「蟹の何か」が蟹の風味をさらに引き立てています。ライムを絞るのと、どっさり用意された香草をたっぷり入れるのをお忘れなく。スープまで完食できてしまうほどの絶品です!

住所:

 

| Banh canh cuaバカンクア)

DSC_0067タピオカで作ったうどんのようなもちもち麺に、豚骨ベースのスープ。さらに海老、蟹の身、うずらの卵、レバーなどが入っています。いろんな旨味がぎゅっとまとまったスープは日本はもちろん、シンガポールにもない味。DSC03092麺をオーダーすると揚げパンが付いてくるので、浸して食べると◎。揚げパンのこくが、スープをまた違った味へと昇華してくれるのでおすすめです。DSC_0062DSC03087場所:

Bánh Canh Cua 87

‖米、混ぜ麺系も侮れない!

ぷるっぷるのもちもち系を制覇したら、次は米や混ぜ麺系にも挑戦してみて。ベトナム的鶏おこわや、混ぜ麺など、胃袋がいくつあっても足りない絶品ローカルグルメにノックオン間違いなしです。

| Xoi ga(ソイガー

DSC_0172塩気の効いたもち米に鶏肉をほぐしたものと、フライドオニオンがトッピングされているソイガー。の満腹だったとしても食が進んでどうしよう状態に陥ってしまう、おそるべしやみつきおこわです。一皿の米の量はコンビニのおにぎりより少し多い程度なので正直なところ、一皿だと足りないのですが思ったよりもオイリー(あっさり系ローカルフードを食べ歩いていると余計にそう感じる)なので、一皿に思いとどまるのがベター。ソイガーのお店はホーチミン内にも色々とあるそうですが、ベンタイン市場の目の前にあるお店が立地的にも行きやすい。

場所:

15 Nguyen Trung Truc , Dist1 , Ho Chi Minh

 

| Bun Thit Nuong(ブン・ティット・ヌオン

DSC03116米粉の麺に、炭火で焼いた豚肉と春巻き、野菜がどっさりとトッピングされた汁なしの混ぜ麺。タロイモやえび、蟹を包んだサクサクの春巻きは唯一無二で、噛めば噛むほど旨味がじゅんわり溢れ出てきます。豚肉は炭火で焼いているだけあって香ばしく、どこはかとなく、シンガポール名物「バクワ」に似た味わい。程よい豚肉の甘さと脂っ気が淡白な麺にちょうど合う〜!トッピングされているピーナッツも無くてはならない名脇役!(拍手)DSC03120

場所:

41 Tran Nhat Duat, Tan Dinh


胃袋がいくつあっても足りないに違いない、ベトナム旅行。時にはシェアしながら、時には独り占めしながら、思う存分ローカルフードを味わってください!