Waffle with Ice cream [Creamier]

絶品!こだわり抜かれた自家製のアイスクリーム屋さん「creamier」。

Tiong bahruのアイスクリーム屋さん、「creamier」の話題が職場をジャックしていたので、ある晴れた日の日曜日に行ってきました。IMG_2762

Tiong bahruといえば、おしゃれなカフェや雑貨屋さんがあって、低層階のHDBが素敵なエリア。余談ですが、Tiong bahruの低層階のHDBは戦前に建てられたものなので、とても希少価値が高いぶん、家賃もすっごく高いのだそう。いつもそれらのHDBを見るたびに、住みたいな~と憧れてしまうほど、おしゃれなんです。お店に行くまでに、Tiong bahruを散策(住んでるのに!)。

シティエリアとは違って、静かな雰囲気で愛犬と一緒にBreakfastしている欧米人ファミリーもたくさん。かわいい犬をみれるだけで、もはやしあわせ。遠目からパシャリ。

Tiong bahruIMG_2765IMG_2766Plane vanillaやYoga movmentと同じ通りにある、「creamier」は、このロゴが目印。creamierお店に入ると、ワッフルが焼けた香ばしいかおりがお出迎えしてくれます。IMG_2776IMG_2779ガラスケースには、ハンドメイドされたアイスクリームがずらり!Earl gray lavender や、Chocolate 、ローカルならではの、Gula Melaka、Black glutenous rice and coconut milk など、定番のものから変わり種まで、それも、クリーミー系からソルベ系まで大充実!アイスクリーム好きにはたまりませんな。

さらにうれしいのは、気になるお味を試食できるということ。せっかく食べるのだから「買って失敗した」なんてことにはなりたくないですもんね。

アイスクリーム1スクープからでも買えますが、ここは何を隠そうSunday folks の系列ブランド。ワッフルをオーダーしない手はない!ということで、ワッフルと3スクープをオーダー。自家製のトッピングも選べます(これもSunday folksと同じやつ)。IMG_2783ワッフルを待っているあいだ、ハンドドリップで淹れてくれるコーヒーを。器もおしゃれで洗練されていますね。IMG_2774大好きなEarl gray lavender、Chocolate、そして初挑戦のBlack glutenous rice and coconut milk。「早く食べないと溶けてまう~~」という焦りと、ずっと眺めておきたい美しいビジュアルとの葛藤でしたが、2人でおいしくシェアして完食。IMG_2791お店に行ったのはバレンタインの前日ということもあり、バレンタイン限定のサンデーもちゃっかり食べましたよ。IMG_2792鮮やかな色味でわたしを魅了するいちごと、濃厚なのにさっぱり仕上がったストロベリーアイス、ジャム、バニラビーンズを贅沢にたっぷりつかったバニラアイスがカップにイン!シャリシャリしたメレンゲを焼いたお菓子もトッピングされていて、最高のデザートでした。creamierなんでこんなに美味しいのか、ということでオーナーさんに聞いたところ、防腐剤なども一切しようしていない自家製のアイスクリームだからだそうです。作って3日しかもたないのだとか。「この仕事をはじめてから、いかに市販のアイスクリームがケミカルか、ということを知った」ともおっしゃっていました。
アイスクリームはもちろん、ワッフルもトッピングもすべて自家製。子どもにはもちろんですが、大人にとっても贅沢アイスと言えますね。♡

店内の椅子は、石巻市で生産されている椅子を使っていたのですが、日本人として、こうやって復興支援に協力してくれていると思うと、胸が熱くなりました。IMG_2778Tiong bahru店のほか、Toa payohとGillman barracksにもあるので、お近くにお住まいの方、ぜひ行ってみてください。観光でシンガポールに来られる方は、Tiong bahru店が便利ですよ~。

Creamier
●78 Yong Siak St,#01-18
https://creamier.com.sg/
火~木 12:00-22:00
金12:00-23:00
土11:00-23:00
日11:00-10:00
月休
※店舗によって営業時間異なる