LOCAL FOOD [HAKKA RICE]

シンガポールのホーカーで買えるローカルグルメ「Hakka Rice(ハッカライス)」って知ってる?

「今日のランチはハッカライスにしよ~」。この名前を同僚から聞いたとき、もう何が何だかわからなくなったのを覚えています。だって「ハッカ」って、ほら、ミントのハッカしか思いつかなかったから。でも、ここでいうハッカライスは中華系民族の「客家(ハッカ)」がルーツだったようです。

平日のランチは98%の確率でタンジョンパガーのホーカーセンターへ買い出し。ターパオ(テイクアウト)をして社内で食べるのですが、そんな生活を続けてはや9ヶ月。ハッカライスはいまやわたしのお気に入りローカルフードになりました。IMG_2551ハッカライスを端的に説明すると、韓国のビビンバの中華系バージョンと言うかヘルシーバージョンと言いますか。オーダーの仕方はとってもシンプル。

①白米かブラウンライスを選ぶ

②追加でのせたいおかずを選ぶ(のせなくてもOK)

なぜだかブラウンライスのほうが高くて$4。しかも人気。日によってはブラウンライスだけ売り切れていることもあるほど。で、それプラス好きなおかず(肉詰め系が多い)を選ぶのですが、おかずは平均$1から$2。この写真を撮った日は、ブラウンライスに肉団子2つ(¢50×2)と、ゴーヤ入りの卵焼き($1)を追加しました。IMG_2555IMG_2554IMG_2553ベースのブラウンライスの上には、葉ものの炒め物や豆腐を細かくつぶしたもの、おかかみたいなやつ、インゲン、ピーナッツなど、なんせヘルシーな具材を細かく刻んだものがライスを埋め尽くしています。気になるお味はもちろん、めっちゃヘルシー。でもそれだけだとすごく淡白な味なんです。だから肉系のおかずが食べたくなるんですよね。肉団子も安いし~ってうっかり2つも追加したら、ぜんぜんヘルシーじゃないけど(笑)意味ない。IMG_2556IMG_2558IMG_2565IMG_2567あと、とてもユニークなのは「緑色の謎の液体」がついてくること。初めて見たときは衝撃だったけど、飲んでみるとなかなかイケる。IMG_2557IMG_2564葉っぱ系とミント、あとピーナッツをミキサーで混ぜてペースト状にしたものに、お湯を加えてスープとして飲むんです。わたしは好きですが、これは完全に好き嫌いが分かれる味です。ツウはスープをご飯のうえにかけて、ひたひたにして食べるらしいですが、わたしは逆で、米をスープンですくって、スープに浸して食べています。いろんな食材の食感がおもしろく、飽きのこない味なので気に入ってます。

シンガポールのローカルグルメといえば、チキンライスやバクテーのイメージですが、安くて美味しくて、しかも日本にはない味のご飯がたくさんあるので、シンガポールにお越しの際は、ぜひ挑戦してみてくださいね~。IMG_2569

TRADITIONAL HAKKA RICE

Tanjong pager centre  #02-21