SINGAPORE TRIP DAY2:by POCHI

思いつきではじめた、シンガポール旅行シミュレーション。

過去記事はこちらからどうぞ:DAY.1

ではさっそく、2日目のプランです~。

MAXWELL ホーカーセンターで朝ご飯IMG_81402日目の朝は、せっかくなので、ちょっと早起きをして朝ごはんをゲットしてほしい!目指すはチャイナタウンにある「MAXWELL」。庶民の食堂とも言えるこの場所では、ローカルの人たちがこぞって朝ご飯を食べています。でも、ローカルに負けず劣らず、観光客もとっても多いんです。その理由は超有名なチキンライス屋さん「天天海南鶏飯」を食べるため。

チキンライスは、シンガポールの庶民的ご飯。大阪で言うところのお好み焼きのような存在です。だから、シンガポールにはチキンライス屋さんがたくさんあって「正直、どこが一番かと言われたら決められへん」というのが本音。天天がどうしてそこまで人気なのかはわからないのですが、とにかく鶏肉がしっとりジューシー。ソースのお味も絶妙なのですよね。ホーカーなので、もちろんお値段もお手頃だし。まさに、安い!早い!旨い!の3拍子が揃っています。とにかく並ぶうえ、遅すぎたら売切れてしまっていることがあるので、早めに行くのが勝利の秘訣!IMG_8146

天天海南鶏飯

#01-10/11, Maxwell Food Centre

10:00-21:00 月休

●最寄りのMRT:China town紫、青線

|食後のデザート「豆花」を食べるProcessed with VSCO with a6 presetせっかく早起きをしてマックスウェルに来たんだから、もうちょっとエンジョイしてほしいと思うのが在住者ごころ。というわけで、おすすめしたいデザートは「老伴豆花」のトーファ。こっちではBeancurdと呼ばれているもので、とろっとろ、ぷるっぷるの豆乳プリンみたいなものなもの。喉ごしが良くて甘さもちょうどよくて、1パックまるごとペロリといける!しかも値段も安い!たしか$2以下だったと思います。

ちなみに、同じ味の豆乳も売っているのですがそれもついでに買っておくと、街歩きのお供としてよいですね。もしくはチキンライスのお供に豆乳を飲むのも、ぜんぜんありな選択肢です。IMG_7796

老伴豆花

#01-91 MAXWELL FOOD CENTRE

11:30-14:00 月休

●最寄りのMRT:China town紫、青線

食後のデザートパート2「エッグタルト」も食べるProcessed with VSCO with c1 presetチキンライス、豆花、ときてさらに食べてほしいのがエッグタルト。「え?そんなに食べるん?」とドン引きする人もいらっしゃるかと思うのですが、エッグタルトは小さいので、こちらもペロッといけます。不安な方はシェアでもいいけど、おいしすぎてシェアした後にもう一つ食べたくなる。(経験済)

おすすめはMAXWELLから徒歩5分ほどの場所にある「東興」。こじんまりとしたお店ではありますが、その歴史は1920年から。たまごの風味とさくっとした軽い生地の相性がなんとも言えない!「こんなエッグタルト日本では食べられへん!」と、一口食べた瞬間、そう思います。カスタードがとろとろなので、うかうかしてると落ちてしまうんですよ。。なのでスピード勝負です。持ち帰りしたいところですが、エッグタルトも鮮度が命なので、その場で食べるのが一番!

東興

 285 South Bridge Rd

9:00-22:00 不定休

●最寄りのMRT:China town紫、青線

|光のアート「Future world」を見に行くIMG_2173

Processed with VSCO with hb2 presetおなかがたんまり膨らんだら、マリーナベイサンズのお隣のミュージアムで常設されているFuture world」へ!Team labo というサイエンス的な団体が手掛けているものなのですが、日本でも大人気だったのでご存知のかたも多いはず。シンガポールでは常設されているので、いつでも見に行くことが出来ます。キラキラした世界感はもちろん、大人も子どもも楽しい仕掛けがいっぱいあって、一日中いてても飽きることはないですよ~。

 

Future worldArtScience Museum

6 Bayfront Ave

10:00-19:00 無休

●最寄りのMRT:Bay front黄、青線

|マリーナベイサンズをうろうろIMG_2502遠目から眺めるだけだったマリーナベイサンズ。ここまで来たら中に入って、ショッピングを楽しんだり、休憩したり、満喫するのも良い!カジノもあるので興味があるかたは、トライしてみてもおもしろいかも。有名どころで言えば「TWG」が入っていますが、もちろん激高です。あと、カフェで言えばスタバも入ってるけど、なぜだかマリーナベイサンズプライスになっていて、ふつうの店舗よりもお高め。きれいだし広いし、ZARAとかも入ってるのでショッピングを楽しむのにはぴったり◎。

●最寄りのMRT:Bay front黄、青線

|オーチャードに行ってみる

シンガポールに住んでいると、行く機会がぐっと減るOrchard。なぜかというと、地下が複雑で、わたしはいつも迷子になるんです。人も多いしで行くとめっちゃ疲れる。観光スポットにはなっているけど、とりたてて観光する場所もないっていうか、、。がっつりお買い物をしたい人には向いているエリアだなと思います。

大阪でいうところの御堂筋的なかんじだけど、オーチャードのほうがもっとごちゃごちゃしてますかな。あと、疲れた時にさくっと入れるカフェがない。どこも満席なんです。オーチャードで行きたいカフェがあるときは、予約マストを徹底していたほうが疲れなくて良いと思います。と、結構ディスってますが、それでもプランに組み込んだ理由は、シンガポールでにぎわっている場所だからです。観光に来たのだから、そこはエンジョイしていただきたいな、、!オーチャードっぽい写真が無くてすみません!

●最寄りのMRT:Orchard赤線

|PSカフェでお茶&軽めの晩ご飯LRG_DSC04277わたしが「オーチャードに行くとき」というのは、PScafeに行くときくらい。島内10店舗くらい(?)かかえるシンガポールのおしゃれカフェといえばPScafeです。どの店舗も雰囲気とサービスが良い(と言っても、日本の一般的なカフェと同じくらいのホスピタリティレベル)ので、落ち着くんですよね。で、オーチャードの店舗は、店内席とテラス席があります。テラス席は自然光がきれいに入るのでおすすめ。だけどやっぱり暑いので、店内のほうがいいかな。。?

マストでオーダーしてほしいのは、トリュフオイルを使った「フレンチフライ」と、バタースコッチバナナケーキです。ときどきサンドウィッチやハンバーガーもオーダーするけど、この2つは必ずオーダーします。フレンチフライもケーキもボリュームが多いので、二人でシェアしてちょうど良い!3人の場合は、これにサラダとか頼めばちょうどいいですね!IMG_0143

Pscafe PALAIS RENAISSANCE 

Palais S.C, 390 Orchard Road, Level 2

●月~金 11:30-23:00、土日祝9:30-23:00

●最寄りのMRT:Orchard赤線

https://www.pscafe.com/

|夜のガーデンズバイザベイで宇宙っぽさを味わうIMG_2566PScafeで糖分と塩分を補給したら、夜のガーデンバイザベイへ!お昼ももちろん楽しくて、夜は音楽とライトアップが融合したショーが楽しめます。アバターみたいな異空間が広がっているのですが、これは実際に行った人にしかわからない感覚かも。ごろんと寝転がりながら、ライトがきらきらしている様子を眺めるのですが、マリーナベイサンズのふもと、ということもあってその迫力もすごい。

夜とは言え、人の熱気と暑さ×植物たちの水分で、結構湿度と温度が高くなっています。お水を持って行っておくと、快適に過ごせると思いますよ。ショーを見終わったあとは、マリーナベイサンズを通って帰るので、そこでクールダウンするのもあり。IMG_2571

Gardens by the bay

●最寄りのMRT:Bay front黄、青線

http://www.gardensbythebay.com.sg/en.html

|チャイナタウンを散策するFH000039FH000038午前中にチャイナタウンに寄る機会があるのでスキップして頂いても良いのですが、チャイナタウンに、ローカルに人気のかき氷屋さん「味香園甜品」があるのでおすすめさせてください!ついでに、提灯がライトアップされたチャイナタウンを散策するのもムードがあってフォトジェニック。IMG_7760ここのお店は、かき氷や中華版おしるこ的なものだけを売っているチャイニーズ系のデザート屋さんなのですが、メニューのバリエーションが豊富で選ぶのがたのしい!おすすめはミルクティーのかき氷と、いちごとマンゴーのかき氷です。ふわっふわのかき氷なので、あたまがキーンとなることもそんなにないです。あと、ボリューム満点なので、これもシェアしてくださいね~!

味香園甜品

67 Temple Street

12:00-21:30 月休

●最寄りのMRT:China town紫、青線

以上で2日目終了です~!

お次は、3日目(最終日)のプランをお届けしますね。