SWEETS;MOON CAKE

月餅と書いてムーンケーキと読む。

中国から伝わるこのムーンケーキは丸いカタチが特徴。昔ながらの月餅には、中身は塩漬けした卵の黄身が餡にくるまれて入っています。日本で言うところのお饅頭的な生地で、中の餡も、うぐいす豆の餡に近いようなお味です。たぶん、日本の中華街とかでも売っているような気がします。

でも、最近はスノースキンと呼ばれるちょっと柔らかめでカラフルな色をした生地の月餅がトレンドだそうで、スタバや有名ホテルなど、いろんなお店がオリジナルのスノースキンのムーンケーキを販売しているんです。見た目もおしゃれで、味もチョコレートとか抹茶とか、シャンパンとか、今どき!なフレーバーがたくさんあるんですよ~!

びっくりなのは、その箱のゴージャスさとお値段の高さ。なんでこんなに高いねん!っていうくらい高額(ものにもよりますが軽く$50以上はしたような)ですが、シンガポールではその高級な箱に入ったムーンケーキを職場やお世話になった人にお配りする文化があるのだそう。

ちなみに、中国ではお月さまを大切にするという考えがあるそうで、これらのムーンケーキも「中秋の名月のお月さまを眺めながら家族で食べる」と円満になれる、という言い伝えのようなお願いが込められているが故のもの。そのほかにも、風の噂で聞いた話では、ムーンケーキには長い歴史があって、かつてムーンケーキのなかに手紙を入れる、みたいなこともあったらしいです。

そんな背景もあってか「ムーンケーキフェスティバル」と呼ばれる中秋の名月のお祭り?的なお祝いの日が、今年は10月4日(水)にやってきます。「中秋節」をめがけて街中はクリスマス並みにイルミネーションが飾られてきらきらしています。特にチャイナタウン界隈には、かわいいランタンがたくさん並んでたり。。!わたしも、Myランタンを彼のお父さんに買ってもらいました♡ それはまたおいおいお披露目したいと思います。

そんなこんなのムーンケーキ。わたしはスノースキンのムーンケーキを購入しました。一つのムーンケーキを4分の1にカットしてみんなでシェアすると、いろんな味を食べれてラッキー!(笑)

Processed with VSCO with a6 preset

Processed with VSCO with a6 presetかわいい見た目のわりに、結構カロリーが高そうなので食べ過ぎ注意!現に、食べるとお腹いっぱいになるので、気をつけましょう!

Written by POCHI (Arisa Matsuo)