Yuka Shikita ; Kastane PR / EC

I have a great interest in marketing and branding fashion.

Thankfully, a close friend of mine works in the Japanese fashion industry.

I got the chance to interview her this time! 

I strongly recommend you to know more about her! Enjoy my post on Kastane!!

 

第3回目は、

根強い人気を誇るファッションブランドKastaneのプレス

敷田有香さん。

プレスのお仕事のこと、今季のおすすめアイテム、

休日の過ごし方などについて伺いました。

なかでも、プレスのお仕事については必見です◎

 

|いままでのこと

 

わたしの場合は、Kastaneがもともと大好きで。

せっかく働くなら「好きなことを仕事にしたい」。

そう思ってKastaneに就職しました。

ショップスタッフとして7年間キャリアを積み、その後、Kastane千葉店へ移動。

そこで半年間務めた後、プレスに抜擢していただきました。

 

 

プレスのお仕事に携わらせていただいて、はやいものでもう4年。

プレスのお仕事って、華やかできらびやかなイメージを持たれていることが多いと思うのですが、縁の下の力持ち的なところはありますね。もちろん、きらびやかな瞬間もありますが、それがお仕事のメインではありません。ぜったいにブレてはいけない一番大切なミッションは、ブランドをより多くの人に知ってもらうということ。

「Kastaneをより多くの人に知ってもらうためには、どうしたらいいのか」。それを考えて行動に移す。これがとても大切だと思います。

そのため、イベントの企画実行やカタログ製作、SNS発信やMOOK本制作、ディスプレイ制作に至るまで、仕事の範囲はとっても幅広いんです。いろんな角度からブランドを知ってもらうきっかけ作りを行うことが大切だと感じています。最近ではONLINE STOREの運営を行っているので、PRとECを連動させたカスタネの認知度UPを図ることも大きな課題の一つです。

プレスのお仕事ははっきりとした正解が存在しないことのほうが多いんです。「1+1=2」みたいに、答えが決まっていないんですよね。だから、自分の行動やアイディアや考えが、本当に正しいのかわからなくなるときがあります。そのときに、このお仕事の難しさを感じます。

毎日が目まぐるしく忙しいのは事実ですが、やっぱり楽しい瞬間やうれしい瞬間は、たくさんあります。なかでも、スタッフやお客様に喜んでもらえたとき一番やりがいを感じますね。わたし(プレス)一人の自己満足で仕事をしないこと、スタッフやお客様のことを考えながら仕事をすることを常に意識しています。

|日本&KastaneのAWについて

日本のAWトレンドファッションは、ミリタリーテイストのものやチェックものが多く登場しています。最近では、ボトムのトレンドが、パンツからスカートへと移行しているような流れも見受けられますね。

また、ヴィンテージアイテムやユーズドアイテムの人気が高いことから「自分だけのもの」に価値を感じる人が増えてきているのではないでしょうか。

 

 

1

Kastaneではこの秋冬「Changes Shapes,Changes Mood;形を変えて気分を変える」をコンセプトにアイテムを展開しています。

シルエットを自分で手軽にちょこっとアレンジできるようなウェアが多いので「毎日の着こなしに飽きがこない!」「自分で気分転換ができる!」ようなウェアを数多くスタンバイしています。工夫を楽しめるラインナップが揃っていることが今季の特徴の一つですね。

個人的なおすすめアイテムは「ミリタリーロングコート」や「ボア」アイテム。あとはロングスカートもおすすめしたいです◎

1111

|生活、暮らし、女性像

20代と30代を比較してみて、わたしは特にあまり変わっていないと感じていますが、30代になってからのほうが穏やかになった気がします。外見だけではなく、内面が美しい女性がわたしにとっては理想の大人の女性像なので、内面を磨いていけたらと思っています。

あと、わたしはカレーが大好きなのですが、カレーを食べたらパワーが出るんですよね(笑)。カレーを食べるのも作るのもすき!そういう意味では、料理を作ったりしていることも内面磨きの一つかもしれませんね(笑)

142016_08_12_13

|これからのこと

先日、Kastane初のPOPUPSHOP@台湾を開催したのですが、そのときの経験がわたしの中ですごくいいきっかけになったと感じています。また挑戦したいことや世界が広がったと言うか。。

これを励みに、Kastaneが身近にない場所でも、

Kastaneを知ってもらうきっかけをこれからももっともっと作っていきたいと思っています。カスタネの魅力は人。

スタッフが自分のために動くことよりも、周りの人やお客様のために動けるスタッフばかりです。わたしもプレスとして、もっと成長していきたいなと思います。

 

12

 

最後に。

スイッチをぽちっとしてくれるアーティストやインスタグラマーは、

@photsujiさんや@tokyodays_lukaさん。

枠に縛られず、なんでも挑戦していっている方には刺激を受けますね。

Yuka Shikita  / 敷田有香

Kastane  PR / EC

IG:@shikky1213

Kastane IG : @kastane_

Special Thanks to Yuka Shikita

Written by POCHI (Arisa Matsuo)

Photo by Yuka Shikita and Kastane