見つからなかったLavender駅。

基本、シンガポール内の移動はMRT(地下鉄)かバス。

仕事で少しタクシーを使うことはあるけど、

通勤や遊びに出かける休日も含め、

毎日MRTを使っています。

 

シンガポールのMRGも

東京や大阪と同じように、

赤や緑、紫、青、黄色など

いろんな色の線が走っています。

 

私がいつも使う線は、通称グリーンライン。

シンガポールで2番めに古い線なのだとか。

 

まあ、そんな情報さておき。

路線図を見ていると、結構ユニークな名前の

駅名が多いことに気づきます。

あとなんて発音すればいいのかわからない駅名も多い!

 

Buona Vista(ボナビスタ)」とか、

Simei(シメイ)」とか。

 

ボナビスタなんて、ちょっとセニョリータ感があるし

(セニョリータっていうか、フラメンコっていうか)、

シメイなんて、普通に日本語の「使命」やん!

ってなりません?

 

ごめんなさい、前置きが長くなりましたが、

本題のお話に入りますね!

 

先日、どうしても見つけきれかなった

MRTの駅があったんです。

 

それは「Lavender」という駅。

 

ラベンダー駅で待ち合わせをしたのですが

地図でどこをどう探しても、

駅が見つからなくて。

 

スクリーンショット 2017-08-21 午後5.39.58

ラベンダー駅だから、パープルラインだよね!

って勝手に思ってパープルラインばかり

見ていたのですが、そこが間違いだったんです。

 

ラベンダー駅なのに、

まさかのグリーンラインだったんです。

「え、ラベンダー駅やから、パープルじゃなくて?」

なんでグリーンラインなん!って

やり場のない疑問に襲われました。

 

その話を彼に伝えたら、爆笑していました。

シンガポーリアンの彼には

「ラベンダー=紫、ラベンダー駅=パープルライン」

という発想がなかったし、

そんなふうに疑問に思ったことなんて

一度もなかったそうな。

 

でも日本人の私たちはきっと誤解する、

そう確信しました。(切実)

 

それで言うと、グリーンラインに

Redhill」という駅があるのですが、

それももはや、、、。

いやいや、グリーンなんかい!

レッドラインにせんかーい!って

大阪人としては突っ込みたくなる駅名ですね。

 

シンガポールに遊びにこられる日本人のみなさん、

Lavender駅は グリーンライン❞ です。

パープルラインではないので、

しかとお気をつけくださいませ!◎

 ^AC90BF121ED6B2CC8F44EA2B860262063E969B61820B08950A^pimgpsh_fullsize_distr

 

 

今日もPOCHIに足を運んでいただき

ありがとうございます!

 

 

 

ありさ。