I ♡ POPIAH.

シンガポールのローカルフード「POPIAH(ポピア)」って知ってる?

突然ですが、皆さんは好き嫌い、ありますか?

わたしは、ありません。

好き嫌いがないようにと厳しく育ててくれた両親には、本当にこころから感謝しています。

だって、好き嫌いがあると、

世界の「美味しいもの」を美味しい!と思える

機会が少ないってことじゃないですか。

やっぱり美味しいご飯を食べているときって

至福の瞬間ですよね。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

タイトルの通り、今日はPopiahについて書こうと思います。

 

昨年初めてシンガポールを訪れて、

はじめて出会ったPopiah.

 

Processed with VSCO with hb2 preset

 

(おそらく)小麦でつくられた薄いもっちもちの皮に、

ピーナッツソース、刻んだピーナッツ、

切り干し大根と人参の煮物、キュウリ、

ドライガーリックなどが包まれた、

甘じょっぱい食べ物。

 

はじめてたべたその美味しさに

全身に電流が走ったみたいに絶句したのを覚えています。

それと同時に、ああ、なんでこんなに美味しい食べ物を

今まで私は知らなかったんだとも思いました。

 

あのPopiahの味が忘れられないまま月日は流れ、

晴れてシンガポールで暮らすようになってからというもの

週1のペースで、この愛しいPopiahを食べています。

Traditional でひとつ$2.5。安い!

 

Processed with VSCO with hb1 preset

 

Popiahはホーカーでも買えるのですが、

(ホーカーだと$1.5くらいなはず)

幸いにもPopiah専門店が会社の近くにあるので

だいたいそこで買っています。

ほかにも専門店はあるんですけどね。

 

シンガポールの若い姉妹が立ちあげたという

このPopiahブランド「SOUPERSTAR」。

 

Processed with VSCO with hb2 preset

 

包み紙やロゴもかわいくて、お昼時には

男女問わずビジネスマンで大人気なのです。

一つじゃ足りないので、わたしは必ず二つ食べます。

それ+スープで、$9。

ま、店の紹介は置いておいて。

私がお伝えしたいのは、Popiaについて!(笑)

 

日本ではピーナッツ類を使った料理を

そんなに見かけないような気がするのですが、

東南アジアの料理にはピーナッツ類を使った

料理がわりと豊富にあると思います。

ほら、タイのパッタイとか。

 

日本人として、もちろん和食は大好き。

最高です。ダシをつかった繊細で丁寧な料理。

和食に毎日恋い焦がれてるのは間違いないです。

ちなみに今は、ひじきときなこが食べたくて仕方ありません。

 

でも、このPopiahに代表されるような

甘じょっぱい味つけや、いろんな食材が

混ざり合う食感とか。

これらが持つ、和食にはない味や食感にも

ただただ魅力を感じるばかりです。

 

と言うわけで、

島内のPopiah屋さんを全店制覇したいくらい

Popiahに夢中です♡

そして、いつかPopiahを作れるようになりたいです!

(↑これ、本気!)

 

日本にお住まいの皆さん、

ナッツ類にアレルギーなどがなく、

甘じょっぱいのがお好きでしたらぜひトライしてくださいね!

 

 

今日もPOCHIに足をお運び頂きありがとうございます。

 

ありさ。